e.blog

主にUnity/UE周りのことについてまとめていきます

ライトマップデータから影の情報を抜き出し頂点カラーに焼く

概要 とあるプロジェクトで頂点カラーにライトマップの影情報を焼き込めないか、という話があって試してみました。 結局その機能自体は使いませんでしたが、ライトマップデータへのアクセスなど学びがあったのでまとめておきます。 ライトマップデータの読み…

簡易的なiOS向けネイティブプラグインを書いてみる

概要 少し前にAndroid向けのネイティブプラグインを書くための記事を書きました。 edom18.hateblo.jp edom18.hateblo.jp 今回はiOS向けのプラグインです。 が、今回書くのはごく簡単なプラグイン機能の実装です。 つまりmmファイルを作成してそれを利用する…

Unityでクリッピング平面を実装する

概要 今作っているARアプリでクリッピング平面を作る必要が出てきたのでそのメモです。 動作サンプル↓ 動画サンプルで動かしたものはGitHubで公開しています。 ちなみに、クリッピング平面自体の説明は以前Qiitaに書いたのでそちらをご覧ください。 今回書く…

UnityのCompute ShaderでCurl Noiseを実装(衝突判定編)

概要 今回は「衝突判定編」です。 前回の「流体編」の続編です。 edom18.hateblo.jp さて、今回は論文で発表されたカールノイズの『衝突判定』について書きたいと思います。 ただ、実はまだ正常に実装できておらず、やや課題のある状態での記事ということに…

TransformクラスのTransform**** / InverseTransform****系メソッドのメモ

以前、Qiitaで書いていた記事の移植です。 Inverse系も追加したのでこちらに移動しました。 概要 TransformPoint、TransformVector、TransformDirectionがそれぞれなにをやってくれているのか、ピンと来てなかったので、どういう処理をしたら同じ結果が得ら…

TransformのLookAtをUnity APIを使わずに書く

概要 仕事でLookAtを、Unity APIを使わずに書くことがあったのでメモ。 実行した結果。ちゃんとCubeを注視し続けます。 サンプルコード 実装したサンプルコードは以下。 このスクリプトをカメラに貼り付けて、ターゲットを指定すると常にそれを視界に捉えた…

フリーハンドで描いた図形をポリゴン分割する

概要 フリーハンドで平面に描いた形に図形を形成するのをやりたかったので、頂点群からポリゴンを形成する処理について書きたいと思います。 こんな感じで、適当に打った点からポリゴンを形成します↓ 手書きで書いた点から三角形分割してメッシュ化。 pic.tw…

AndroidのSpeechRecognizerをネイティブプラグイン化してUnityで使う

概要 UnityでAndroidのネイティブな音声認識機能を利用したかったのでプラグインから作成してみました。 今回は作成方法などのまとめです。 なお、ネイティブプラグイン自体の作成方法については以前書いたのでそちらを参照ください。 edom18.hateblo.jp 今…

Unity向けにAndroidのネイティブプラグインを作成する

概要 Unity向けに、Androidのネイティブ機能を呼び出す部分が作りたくて色々調べたのでまとめておきます。 今回は特にこちらの記事を参考にさせていただきました。 indie-du.com Android Studioで新規プロジェクトを作成する 今回作成するのはaar(Android A…

Unreal Engine C++ 逆引きメモ

目次 目次 概要 生成・取得・削除 C++クラスの生成 コンストラクタ内でNewObjectは使えない PlayerController / PlayerPawnを取得する PlayerController PlayerPawn GameModeとの関連 ワールドに存在するアクターをすべて取得する アクターオブジェクトを生…

UnityのネイティブプラグインをC/C++で作成する準備

概要 ネイティブで書かれたプラグインを、使うことはあっても自分で書いたことがなかったのでHello Worldしてみたメモです。 ちなみに、できるだけ動作を把握する意味も込めてコマンドラインで作ることを前提としています。 開発環境を整える 最初、Git Bash…

UnrealEngineでVRことはじめ(C++編)

概要 Unreal Engineで、VR向けコンテンツをC++を使って作るための「ことはじめ」を書いていきたいと思います。 大体の書籍を見ていると、ブループリントの説明しかなくてあまりC++に対して言及しているものが少なく感じます。 ただ、やはり自分としてはでき…

UnityのCompute ShaderでCurl Noiseを実装(流体編)

概要 今回は「流体編」と題しました。 というのも、発表されたカールノイズ自体には剛体との当たり判定を行う部分の記載もあるのですが、そこがうまく動いてないのでまずは流体部分の説明にフォーカスして書いていこうと思います。 Curl Noice。なんとなく流…

実行時に使えるユニークな識別子を生成する

概要 Unityで開発していると、ときに、「固定の」ユニークなID(識別子)を割り振りたいときがあります。 Unityにはもともと、Object.GetInstanceIDがありますが、これはユニークではあるものの、実行時や保存時などに書き換わる可能性があります。 (どのタ…

ランタイムでAvatarを生成してアニメーションに利用する

今日の記事は、UnityのAdvent Calendarの9日目の記事です。 qiita.com 概要 VR開発をしていると、キャタクター(アバター)を表現する方法として頭と手だけの簡易的アバターか、通常のキャラクターモデルを用いたアバターの2種類から選ぶことになります。 そ…

ARKitで撮影した映像を(疑似)IBLとして利用する

今日の記事は、ARKitのAdvent Calendarの2日目の記事です。 qiita.com 概要 今回は、ARKitで平面検出を行っている映像データを使って、(疑似)IBLをしてみたいと思います。 ちなみに、ARKitをUnityで使う際の実装については前の記事で少し書いたので、ARKit…

UnityでThreadを使って処理を分割する

概要 Unityではスレッドを使うことが想定されていません。 というのも、いわゆる「Unity API」と呼ばれる様々なUnityの機能が、メインスレッド以外からは呼び出せない仕様となっているからです。 UIはメインスレッドからのみ操作できるというのと似ています…

iOSのARKitを使ってVRのポジトラをやってみた

概要 ずっと気になっていたARKit。やっと触ることができたので、ひとまず、空間認識して色々触ったあと、VRのポジトラに流用するのをやってみたのでまとめておきます。 AR自体がポジトラしてモデルなんかを表示できるので、これをVRモードのカメラの位置に転…

視錐台とAABBとの交差判定

概要 とあるオブジェクトが「カメラに映る対象か」というのを知りたいケースはあると思います。 また、通常のカメラだけでなく、「視界」を表した視錐台を定義してその中にオブジェクトが含まれるか、というのもあるとありがたい機能でしょう。 (例えば敵AI…

ComputeShaderを触ってみる その2 ~バッファ・テクスチャ編~

概要 前回の記事(ComputeShaderを触ってみる その1 ~スレッド編~)で、Compute Shaderのスレッドの概念について書きました。 edom18.hateblo.jp 今回は、Compute Shaderを実際に使って、少し意味のある計算をしてみたいと思います。 意味のある計算をさせ…

シンプルなBehavior Treeを実装してみる

概要 今回は、AIの中でも比較的スタンダードな、「Behavior Tree」について書きたいと思います。 (内容は、いろいろな記事を拾い読みしながら、自分の解釈で実装したものになるので、多少の誤解や間違いがあるかもしれません) 実装したサンプルはGithubで…

Daydream開発はじめたのでメモ

概要 Daydream開発を始めてみたので、色々とメモしていきます。 基本的に気づきベースなので、随時更新していきます。 開発環境の整備 開発環境が整わないと色々と大変なので、Tips的な部分をメモ。 adbをWi-Fi経由で実行する Daydream開発をしていると、実…

八分木(モートンオーダー)を使ってエリアを分割して処理負荷を軽減する

概要 今回の記事に関しては以下の記事をほぼそのまま参考にさせてもらっています。 実装自体はUnityで行い、コードもC#で作りましたがベースとなる理論は記事をそのまま参考にさせていただきました。 マルペケさんの記事には毎度本当にお世話になっています…

SkinnedMeshとBoneWeightについてメモ

概要 とある実装をしていて、アニメーション周りをわりと触ったのでそのメモです。 具体的には、メッシュカットを利用してメッシュを分断したあと、分断したメッシュもボーンアニメーションさせたくて実装したメモです。 実際に切断してアニメーションさせた…

UNETを使ってネットワーク間で処理を同期する

概要 前に使っていたNetworkViewを使った処理はdeprecatedになり、新しく UNET という仕組みが登場しました。 今回はこれを使っていくにあたって色々新しい概念が出てくるのでそれをまとめておこうと思います。 用語整理 UNETを使う上で、(慣れるまでは)色…

uGUIのEventSystemを理解する

概要 Unity4.6から導入されたEventSystem。 調べてみると色々と学びがあるのでメモとして残しておきます。 (若干、今さら感がありますが) まず最初に大事な概念として、このシステムはいくつかのクラスが密接に連携しながらイベントを処理していく形になっ…

ComputeShaderを触ってみる その1 ~スレッド編~

概要 並列化可能な、膨大な数の計算を行う場合はCompute Shaderの出番です。 今回はこの「Compute Shader」を触ってみたのでそのメモです。 Compute Shaderの最小単位 Compute Shaderを利用する場合、まずは.computeファイルを作成します。 そして作成したCo…

HTC Viveの埋め込みカメラの映像をテクスチャとして取得・表示する

概要 HTC Viveのヘッドマウントディスプレイには、フロントカメラが埋め込まれています。 このカメラは、メニュー表示時にカメラを起動し外の状況を確認したり、ゲーム画面自体にオーバーレイで周りの状況を表示して、HMDを脱がなくても色々とできるように、…

UnityでPivotを指定して同一スケーリングを行うスクリプト

概要 Unityでは標準ではスケールのPivot位置を変更することができません。 とはいえそうした要望はきっと多いと思います。 実際にググって見ると、モデリングツールで変更しろ、だとか、Empty Objectを作って子にしてからスケーリングしろ、だとか、色々な情…

異空間から転送されてきたように演出するマスクシェーダ

概要 今作っているコンテンツで、なにもない空間からオブジェクトが転送されてきたような演出をしたいと思い、そのために色々シェーダを書いたのでそのメモです。 以下の画像を見てもらうとどういう効果かイメージしやすいと思います。 今回はこれを実装する…